WiMAX2+では、利用端末によってauLTEを利用することが可能です。

しかし、この機能を利用するためには「LTEオプション」の契約が必要になります。

また、この契約には本来、月額料金が発生してしまいます。

LTEオプションとは

LTEオプションは、WiMAX2+モバイルルータ単体でauLTEを利用するためのオプションサービスです。

auLTEを利用することにより、auLTEのメリットであるプラチナバンドを利用したエリア拡大、建物内での繋がり具合を改善することが可能です。

また、WiMAX2+モバイルルータ「Speed Wi-Fi NEXT W03」であれば、WiMAX2+の電波とauの電波を同時利用して、速度最大370Mbpsまで引き上げることが可能です。

img_point_01

非常に魅力的なLTEオプションではありますが、残念ながらWiMAX2+の料金だけでは利用できません。

LTEオプション契約をすると、追加料金「月額1,005円」が必要になります。

2016年11月1日より条件付きでLTEオプションが無料化

オプションで月額1,005円は決して安い料金ではありませんので、LTEオプションを利用していない人が多数だと思います。

しかし、今回UQコミュニケーションズからLTEオプションに関して新たな発表がされました。

それは、auスマートバリュー mine契約者に対してLTEオプションを無料化という発表でした。

WiMAX 2+サービス「LTEオプション」の一部無料化について (UQコミュニケーションズ株式会社 ニュースリリース)

月額1,005円が無料というのは、非常に魅力的な発表です。

しかし、このauスマートバリュー mineは、そもそもauスマホやauケータイを持っている人が対象なのです。

auスマートバリュー mineの割引を受けられる条件とは

auスマートバリューmineの割引を受けられる条件は、まずauスマホ、またはauケータイを契約していること

そのauスマホ、auケータイがパケット定額を契約していること。

そして、WiMAX2+モバイルルーターを契約していることが前提の割引サービスです。

この条件を満たしていない限り、auスマートバリューmineの割引は一切受けることが出来ません。

元々auスマホ契約の方には朗報な割引

元々auスマホを契約している方にとっては、非常に朗報なサービスです。

auスマホを持っている方であれば、auスマートバリューmineで安くなり、その上LTEオプションが無料になるわけです。

一方、ドコモやソフトバンク、格安スマホを契約している方にとっては、縁がないサービスとも言えます。

au%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc-mine

上記のように、au スマートバリューmineであれば、5GBの場合月額4,068円に割引。

データ定額20(スーパーデジラ)であれば、5,068円に割引されます。

その上で、今回WiMAX2+の「LTEオプション」が無料でなるわけです。

LTEオプション無料 手続きは必要?

LTEオプション無料のために、手続きなのでしょうか。

公式によりますと、既にauスマートバリューmineの割引適応されている方は特に手続きは必要ないようです。

auスマートバリューmineが適応中だれば、WiMAX2+とauスマホが紐付けされています。

そのため、LTEオプションも11月1日から自動的に適応される仕組みのようです。

一方、まだauスマートバリューmineの割引適応されていない方は、auスマホとWiMAX2+モバイルルータをauショップに持ち込んでください。(もしくは契約書)

auショップでauスマートバリューmineの適応手続きを行うことが出来ます。

手続きが完了しますと、適応月からWiMAX2+のLTEオプションの料金が無料になるはずです。

LTEオプションの注意点

LTEオプションはauの4GLTEをWiMAX2+モバイルルータで利用できるサービスです。

この4GLTEを使う上での注意点として、7GBの容量制限があります。

そのため、容量無制限のWiMAX2+と同じように動画を毎日見るような使い方をすると、あっという間に7GB以上の通信を行ってしまいます。

もしそのような過剰通信を行った場合は、どうなるのか。

その場合は、通信制限になってしまい、最大速度が128KBになります。

この通信制限は4GLTEのみではなく、WiMAX2+での接続でも低速接続になります。

そのため、常時LTEオプション設定は行わず、WiMAX2+が繋がらない場合にLTEはオプションを使うなどの工夫が必要です。