WiMAX2+利用者にあまり知られていないことですが、WiMAX2+には追加料金を払わず公衆無線LANが利用できます。

公衆無線LANとは、コンビニやファミレス、カフェなどに設置されているWi-Fiスポットと同じ意味です。

誰にでも開放されているお店もありますが、携帯キャリアを利用している場合には使える場合。

また、Wi-Fiスポットそのものに月額料金がかかる場合があります。

月額料金が掛かるタイプでは、大体300~500円程度かかります。

ですが、WiMAX2+で利用できるWi-Fiは利用している事業者(プロバイダ)によりますが、無料で利用することが出来ます。

どの事業者(プロバイダ)が公衆無線LANを使える?

対応表は下記のようになっています。

WiMAX2_公衆無線LAN-1

UQ WiMAXNiftySo-netとくとくBB(GOM)RakuponBIGLOBE
au Wi-Fi SPOTau Wi-Fi SPOTau Wi-Fi SPOTau Wi-Fi SPOTau Wi-Fi SPOTau Wi-Fi SPOT
UQ Wi-Fi@Nifty WiMAX Wi-Fi

過去無料で使える公衆無線LANに対応していなかったプロバイダが数多くありました。

そのため、WiMAX2+に加入していてもプロバイダによっては無料公衆無線LANを使えない自体になってしまうことがありました。

しかし、2016年現在では、ほぼ全てのプロバイダがau Wi-Fi SPOTには対応しているようです。

そのため、プロバイダによってau Wi-Fi SPOTが使えないという自体はもうないようです。

au Wi-Fi SPOTとは

文字通りauキャリアユーザーが使えるWi-Fiスポットです。

何故auが提供しているWi-FIをWiMAX2+ユーザーが利用できるのか。

それは、WiMAX2+を提供しているUQ WiMAX2+がau(KDDI)の子会社であるためです。

そのため、厳密にはauユーザーではないWiMAX2+ユーザーにも無料提供されているわけです。

UQ Wi-Fi(@nifty WiMAX Wi-Fiプレミアムサービス)とは

一方、UQ Wi-Fi及び@nifty WiMAX Wi-Fiプレミアムサービスは、UQ WiMAXと@niftyのみ対応しています。

この2つのWi-Fiサービスは、実は厳密には同じです。

2社が提供Wi-Fiは「Wi2 300」という公衆無線LANサービスを、名前を変えて提供しているだけです。

Unknown のコピー

Wi2 300もUQ WiMAXと同じくau(KDDI)の子会社となっているため、無料で利用可能になっているわけです。

なお、先ほど紹介した「au Wi-Fi SPOT」もこの Wi2 300がサービス提供を行っています。

Wi2 300 月額定額プランの冷遇

このWi2 300は、Wi2 300 月額定額プラン362円(税抜)に入れば、Wi-Fiサービス単体で利用することが出来ます。

しかし、このWi2 300 月額定額プラン。

ハッキリ言って入る価値はありません。

このプランでは、ベーシックエリアのみしか接続出来ない制限があります。

このベーシックエリアが曲者で、実際に利用してみると使いたいと思えるところがほぼ使えません。

カフェ、ファミレスなどは、殆どがプレミアムエリアだからです。

UQ Wi-Fi及び@nifty WiMAX Wi-FiプレミアムサービスはWi2 300(クリック拡大)
UQ Wi-Fi及び@nifty WiMAX Wi-FiプレミアムサービスはWi2 300(クリック拡大)

昔はWi2 300のWi-FiSPOTであれば全て使えたのですが、2014年10月1日から使えるWi-Fiが極端に少なくなりました。

Wi2 300「プレミアムエリアお試しキャンペーン」の終了について

Wi2 300 月額定額プランがプレミアムエリアを利用するためには、チケットを購入するしかありません。

そのチケットも1チケット100円で1時間使えるという、微妙なものでした。

Wi2 300月額ユーザーより優遇されているエリア

一方UQ WiMAX及びNiftyユーザーは、Wi2 300のプレミアムエリアもチケットを使わず無料で利用することが出来ます。

そのため、下記のマークが表記されているカフェやファミレスなどでは、無制限で利用することが出来ます。

UQ Wi-Fi

Wi2 300 月額定額プランより優遇されているWiMAX2+ユーザーですが、恐らく親会社のKDDIの意向なんでしょう。

公衆無線LANを使って、大容量データを経由して貰えるなら、WiMAX2+の回線負担を減らすことを考慮することが出来ると考えているのではないでしょうか。

ユーザー側も3GB速度制限を気にせず、ガンガンダウンロード出来るメリットがあります。

公衆無線LAN どのような場所で使える?

有名ドコロでは、下記のような場所で利用可能です。

Wi2_300 SPOT

まずスターバックスに対応しているのが大きいと思います。

スターバックスの場合、無料のWi-Fiも店舗が提供しています

しかし、スターバックスの無料Wi-Fiは暗号化されていません(SSID:at_STARBUCKS_Wi2)

Wi2 300のプレミアムエリア(SSID:Wi2premium_club)であれば、暗号化接続が可能なため、暗号化なしの状態よりは安全となります。

ファーストフードですと、マクドナルドとケンタッキーが対応しています。

マクドナルドでは、ベーシックエリアでも接続可能ですが、ケンタッキーではプレミアムエリアのみです。

ファミリーレストランでは、かいらーくグループがほぼWi2 300に対応しています。

店舗ガストバーミヤンジョナサン夢庵ステーキガスト藍屋
Wi2 300対応

ただし、プレミアムエリアのため、Wi2 300 月額定額プランではチケット購入しなければ利用できません。

[UQ Wi-Fi]及び[@nifty WiMAX Wi-Fiプレミアムサービス]の場合は、チケット購入せず無料で利用可能です。

その他、接続可能なエリアの検索は、下記の公式サイトにて確認することが出来ます。

Wi2 300 公衆無線LAN ご利用エリア