各社大容量プラン(ギガモンスター)とは

2016年9月、大手携帯会社3社が一斉に下記のサービスを発表しました。

  • docomo ウルトラパック
  • au スーパーデジラ
  • SoftBank  ギガモンスター

20gb%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3

SoftBankがギガモンスターを発表したため、慌ててdocomoとauが同じ内容のプランを発表したという形が正しいかもしれません。

相変わらずサービスの差別化は行われておりません。

名称は違えど、ほぼ同じサービス内容と言っても過言ではありません。

まず月額料金は一律同じであり、20GBプランは月額6,000円。30GBプランは月額8,000円となっています。

安いようも思えて高い大容量プラン

今までのパケット単価で考えると、非常に安いのは間違いありません。

例えば5GBプランでは、1GB辺りのパケット単価は1,000円です。

1GBプランとなると、1GB辺り2,900円とボッタクリ価格な価格設定です。

一方今回の大容量プランは、パケット単価が1GB辺り300円です(20GBプラン)

このように、パケット単価は非常に安くなっているのですが、単純に今までの料金が割高すぎるとも言えます。

通話プランは高額プランのみ

パケット単価は今までに比べて安くなりました。

しかし、この大容量プランのみ契約ということは出来ません。

そのため、大容量プラン+通話プラン(インターネット接続オプション)を契約する必要があります。

この通話プラン、残念ながら安いプランとの組み合わせは出来ません。

通話プランは自由に選べない

各社、通話し放題か、5分かけ放題である通話し放題ライトプランのみなります。

(docomoではカケホーダイ、auでは電話カケ放題、SoftBankでは通話し放題という名称です)

通話し放題プランは、2,700円。

一方、通話し放題ライトは1,700円と決して安くはありません。

必ず契約しなくてはいけないオプション

インターネット接続するためには必須のウェブ使用料も契約しなくてはなりませんオプションがあります。

それが、ドコモではSPモード、auではLTENET、SoftBankではウェブ使用料という名称です。

こちらは、どのキャリアも300円です。

つまり、通話プランとインターネット接続オプション合計で、通話し放題なら3,000円。

5分かけ放題プランなら、2,000円の料金になります。

実際に支払う料金は非常に高額

上記が大容量プランを利用するために、契約しなくてはいけないオプションとなります。

では、合計金額はどうなのでしょうか。

 基本プランインターネット接続
オプション
20GBプラン合計
通話し放題2,700円300円6,000円9,000円
通話し放題
(5分無料)
1700円300円6,000円8,000円

一番安くても8,000円と、非常に高額な料金になってしまいます。

ただし、この金額は一切端末購入の分割料金がない金額です。

プランの場合、現在使用している分割購入料金が月額料金にプラスされます。

 

giga03一方、新規やMNP、機種変更でも分割料金も必要になることが大半です。

実際に料金シミュレーションしてみると、実際に支払う料金は、1万円近い料金になってしまいます。

例えばドコモの場合、カケホーダイライトプランにウルトラパックの契約で左記のような料金です。

何故ここまで、高額になってしまうのか。

それは最近、総務省の指導により、端末料金割引が過剰すぎると指導を受けているためです。

そのため、端末購入の割引が少なくなり、結果的に実際の支払い金額が高額化されています。

新規で購入する場合や、機種変更の場合は、よっぽど型落ち出ない限り、Androidも同じように支払う料金が高額になってしまいます。

PCやiPad等をテザリングで接続予定の人は要注意

テザリングとは。

元々単独でインターネット接続出来ない端末をスマホと接続することにより、インターネット接続出来るようにする機能です。

ノートパソコンやSIM契約していない(もしくはWi-FI専用)iPad等タブレットで、重宝される機能です。

実はこのテザリング機能、スマホの今までプランでは殆ど無料でした。

しかし、今回のギガモンスター等の大容量プランでは、3社全て有料になりました。

その料金は、月額1,000円。年間使用料でで言えば、テザリング利用だけで12,000円です。

2017年4月まで期間限定で無料利用できますが、2017年5月以降は料金が加算されます。

割高な大容量プランより速度無制限のWiMAX2+の選択

ギガモンスター等大容量プランは、上記の通り結果的には割高なプランです。

もしテザリング利用も前提になりますと、ドコモでは月額支払い料金9,747円+1000円となります。

その結果、合計金額は10,747円と1万円を超えてしまいます。

%e5%a4%a7%e5%ae%b9%e9%87%8f%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%83%86%e3%82%b6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

年間利用料であれば128,964円です。

ただでさえ大容量プランが、テザリングを利用するとより割高になります。

しかも、大容量とは言え、20GBの容量制限があります。

20GBは確かに大きな容量ではありますが、最近流行っているdtv,hulu,Netflix,Amazonビデオなどを視聴していた場合、残念ながらあっという間に容量オーバーです。

そこで容量無制限であるWiMAX2+を利用してみるのは如何でしょうか。

WiMAX2+であれば、20GB以上、30GB以上使ったとしても速度が鈍速になることはありません。

速度制限あり しかし大手3社の速度制限とは違い快適

容量無制限であるWiMAX2+ですが、速度制限はあります。

速度制限は3日のうち、3GB以上使った場合、速度制限状態になります。

しかし、大手3社の速度制限とは違い速度は速度制限状態でも、非常に高速です。

WiMAX2+の速度制限は、5Mbps〜10Mbpsとなります。

この速度は動画サイトも高画質で問題なく見られる速度帯です。

固定代わりWiMAX2+

WiMAX2+では、仮に毎日3GB以上使ったとしても、毎日10GB使ったとしても、制限はこれだけです。

つまり通学中、通勤中に動画を毎日見たとしたとしても、後々困るようなことはありません。

なお、大手3社の速度制限は128kbpsです。

下記のグラフを見て頂ければ、速度制限時に速度差がどれだけ違うかわかるかと思います。